総取扱点数 132 件 (最終更新日 2017/28/06 現在)

ニュース&トピックス

自由診療とは? 保険で医療費控除できますか?

2015/24/09 でアップしました

自由診療とは? 保険で医療費控除できますか?

がんの診療方法は二つはあります。それは、保険診療と自由診療です。

1.保険診療とは?

1.1 入院治療、手術、放射線治療、化学療法など

まず患者自身がガン保険に加入しているかどうかで選択できる治療法がかなり違います。現在ほとんどの治療法がガン保険でカバーされているようです。一般的にカバーされている内容は、入院費用、手術費用と放射線治療・化学療法(抗がん剤治療)が対応されています。入院しない場合は「放射線治療」「化学療法(抗がん剤治療)」を含めている事もあるようです。

1.2 緩和ケア

緩和ケアに対応する保険もあります。ガン治療における「緩和ケア」とは、ガンに伴う痛みなどを和らげることです。「緩和ケア」を取り入れ、患者の身体的・精神的痛みを取り除きながらガンを治療していく考え方が重視されています。

2. 自由診療とは?

下記の場合、一般的な保険では医療費控除できません。自由診療は一般的に保険がきかないケースが多いです。  

‐ 例えば、歯科でもし患者がどうしても国内よりも良い品質のものを使いたいなら、ある程度は海外で色々なものを注文しないといけないので、保険では賄えません。

‐ 国民保険を利用する人々は必要最低限の一般的な診療を受ける権利がありますが、最先端の治療を保険で受けるには制限されています。

‐ 漢方治療の多くは保険で賄えますが、保険診療で使える病名は制限されているので、特に漢方治療による病名が保険に適応しないケースがあります。 漢方治療は人それぞれの体質や病気の状態によって治療するので、西洋医学に基づいている保険には医療費控除できないわけです。その為、専門的な漢方療法は自費診療が多いのです。

自由診療とは、つまり代替治療です。

自由診療では、未認可医薬品や保険適応外の医薬品や治療、つまり代替治療を行います。未認可医薬品の使用者の多くは個人輸入代行を利用しています。ただし、多くの医師は病人を治療するのに海外で未認可医薬品(未承認医薬品)を輸入します。その為、未認可医薬品による自由診療を受けるには保険適応外の費用を使用者(患者)は自費で支払います。  

もし未認可医薬品の質問がありましたら、是非メールでお問い合わせください。ただし、厚生労働省のホームページにも明記されているように、法律により代行者または代行ポータルサービスの提供者は、一切商品の紹介をすることができません。注文者₍医師免許を有する者、もしくは患者自身₎の判断によりご注文ください。

外部リング

自由診療 

 

あなたへ欧米で認証済の医薬品を現場までお届けいたします。

  • 01
    ステップ
    ログイン
  • 02
    ステップ
    商品検索
  • 03
    ステップ
    支払い方法選ぶ
  • 04
    ステップ
    注文確認
  • 05
    ステップ
    支払い確認
  • 06
    ステップ
    薬監証明申請
  • 07
    ステップ
    商品出荷
  • 08
    ステップ
    現場まで届け